Outdoorの保育で 幼児の“生きる力”を引き出す

「自然の多様性は子どもたちの発育にとって、言葉では表せないくらいのすごい栄養になります」。自らも豊かな自然と子どもたちにエネルギーをもらいながら、充実したライフスタイルを実現させている。

詳細はこちら

Outdoorに身を置き 徒手で生き抜く

自分の力ひとつで生き抜くあり方に憧れ、高校2年の時から各地でサバイバル要素の強いキャンプを経験。社会人になって以降は2度の震災が大きな転機となり、脱サラして「野営家」を名乗るに至った。

詳細はこちら

故郷の大地に根を張って Outdoorに生きる

畑仕事の手を止めて、一息つく。豆畑の向こうにそびえるのは車山。空に雲がたなびき、風が頬をなでる。360度パノラマの自然に包まれ、大地とともに生きる。

詳細はこちら

四季とともに揺らぎながら Outdoorな人生を送る

ミュージシャン、イベンター、そして林業。Outdoorと密接にリンクする“揺らぎ”の中でバランスを取りながら、三足のわらじを履きこなす。

詳細はこちら
ページトップに戻るページトップ
に戻る