AMERICAN HERITAGE

アメリカン・ヘリテージ

時を超え、輝きを放ち続けるアウターたち

アメリカン・ヘビー・デューティ・スタイルを
創造し、牽引してきた
L.L.Beanの不動のロング・セラーをご紹介します。

オリジナル・フィールド・コート
オリジナル・フィールド・コート
オリジナル・フィールド・コート オリジナル・フィールド・コート オリジナル・フィールド・コート

頑強なコットン・キャンバスはウォッシュ加工によって着慣れた風合いに。水分をはじき、汚れが付きにくい加工済み。

フロント左右に配された4つの大型ポケット。上のポケットが下のポケットのフラップも兼ねています。

バイスイングショルダーで、重ね着をしても動きやすく。両脇下には通気用のハトメを採用し、通気性も確保。

取り外し可能なライナー付きのバージョンもご用意。ライナーはウールとポリエステル製保温素材プライマロフト™から選べます。

商品一覧へ


1917年に発表されたハンティング・コート

img1

L.L.Beanの創業者、レオン・レオンウッド・ビーンがビーン・ブーツを生み出したのは、自身が快適にハンティングを楽しむためでした。同じ想いで、彼が次に挑んだのがアパレル。防水性のある素材を使用し、大小さまざまなポケットを備えたハンティング・コートを発表したのは1917年のことです。

フィールド・コートの原型、
メイン・ダック・ハンティング・コート

img2

その7年後の1924年、満を持して発表したのが、フィールド・コート(発表時の名称はメイン・ダック・ハンティング・コート)。棘だらけのブッシュや冷たい霧雨から身を守る丈夫さと、ハンティングを愉しむための快適さを併せ持つコートとして、アウトドアの伝説となったのです。


創業者レオン・レオンウッド・ビーン

img3

レオン・レオンウッド・ビーンが生み出したフィールド・コートは、今もロング・セラーを続けています。似たようなデザインのコートは、他社でも手にすることはできるようになりましたが、何十年もご愛用いただける本物のフィールド・コートは、今でもL.L.Beanでしか手に入りません。

メイン・ワーデンズ3イン1パーカ・ウィズ・ゴアテックス
メイン・ワーデンズ3イン1パーカ・ウィズ・ゴアテックス
メイン・ワーデンズ3イン1パーカ・ウィズ・ゴアテックス メイン・ワーデンズ3イン1パーカ・ウィズ・ゴアテックス

防水透湿素材ゴアテックス®をラミネートしたパーカは、悪天候時に下からの雨や雪の侵入を防ぐストーム・スカート付き。取り外し可能なフードの中にもダウンがたっぷり。

ワイヤー入りのツバ付きフードは、
悪天候の中でも形状を保ち、
視野を確保。

裾から腰へサイド・ジッパー
を配し、ベルトや腰回りのア
イテムの取り出しを容易に。

ライナーは、単独で高品質ダウン・ジャケットとしてご着用可能。中綿には、ロフ
ト性の高い650フィル・パワー・ダウンを使用。

ダウンの偏りを防ぐボックス・パネル構造

メイン州自然保護区管理官のエンブレム

快適最低気温は-12℃から-40℃

商品一覧へ
動画を見る


アパラチアン・トレイル

img1

全米からバケーション・ランドと呼ばれ、その雄大さを讃えられるメイン州の大自然。L.L.Beanは、その美しさを守る活動も続けています。「ナショナル・パーク・ファウンデーション」や「アパラチアン・トレイル・コンファレンス」等の自然環境保護団体への寄付活動もそのひとつです。

冬のフィールドを調査する
メイン州自然保護区管理官

img2

L.L.Beanは、メイン州の大自然を守る人たちの活動を、快適さと暖かさで支えるウエアの開発も進めています。野生動物の保護と管理を担う、自然保護区管理官の意見を取り入れ、彼らと共に開発したこの3イン1パーカもそのひとつです。


ラボでも厳格なテストを実施

img3

厳寒の冬の活動を支える抜群の防寒力、変わりやすい天候に対応できるフレキシビリティ、吹雪からカラダを守る細部のデザイン……。どれも、ラボでのテストに加え、管理官のフィードバックをもとに改良を積み重ね、磨き抜かれたスタイル。ライナーにあしらわれたエンブレムは、その証です。

オーセンティック・ウール・ピー・コート
オーセンティック・ウール・ピー・コート
オーセンティック・ウール・ピー・コート オーセンティック・ウール・ピー・コート オーセンティック・ウール・ピー・コート

風の強い日は、襟を立てて
風をシャットアウトできる
テーラード・カラー

メイド・イン・アメリカを
象徴するブランド・タグ

ウール100%を凌ぐ弾力性と
耐久性をキープするために、
バージンウール80%/
ナイロン20%の素材をチョイス

1950年代のU.S.NAVYで使われていたアンカーマークをあしらったボタン

袖の裏地は滑りの良いサテン、身頃はポリエステル製フリース。

ダッフルコート、ウール・ジャケットもラインアップ。

商品一覧へ
動画を見る

古き佳き時代のボストンの面影を残す
ノースエンド・エリア

img1

国内で自社工場を維持し、真摯なものづくりを続ける企業は、アメリカでは少数派になりました。しかし、L.L.Beanをはじめ、品質を追求するために、メイド・イン・アメリカを貫き続けるブランドもあります。1968年、アメリカマサチューセッツ州ボストンで創業した「スターリングウェア・オブ・ボストン」もそのひとつ。

スターリングウェア・オブ・ボストンの
自社工場

img2

一過性の流行にとらわれることなく、ずっとご愛用いただける高品質なものだけをお客様へお届けしたいという共通の理念を保つL.L.Beanとスターリングウェア・オブ・ボストンは、2012年からウール・アウターウエアのコラボレーション(協同制作)を続けています。生粋のアメリカンブランド同士のコラボレーションから生まれるアウターに、妥協はありません。


米国海軍の公式ウエアにも採用

img3

24オンスのバージンウールを使ったピー・コートは、米国海軍の公式ウエアにも採用される品質。過酷な状況で着用を続けても、くたびれることを知らないほど丈夫で、着るほどにソフトな心地よさが際立ってきます。一生モノという表現では足りません。次世代に引き継げるほどの確かな品質がここにあります。

タウン・アンド・フィールド・ワックス・コットン・ジャケット
タウン・アンド・フィールド・ワックス・コットン・ジャケット
タウン・アンド・フィールド・ワックス・コットン・ジャケット タウン・アンド・フィールド・ワックス・コットン・ジャケット

裏地には、L.L.Beanが誇る
プレミアム・フランネルを使用。

まち入りのフラップ・ポケットのサイドにはハンド・ウォーマーも配備。

肌にふれる部分にはソフトなコーデュロイを巡らせ、着心地の良さを追求。

スタイリッシュなレディースもご用意。

好評につき今シーズンは完売しました

ブリティッシュ・ミラレイン社の故郷、英国ハリファックス地方と、ブリティッシュ・ミラレイン社のタグ

img1

本物を愛する人にとって、まるでビンテージ・ワインのように、歳月を経るほどに味わいが深まるワックス・コットンは最高の素材です。1880年に創業したブリティッシュ・ミラレイン社は、その老舗中の老舗。創業から100年以上を経た今も、その独自の風合いは本物を愛する人々の心をつかんで離すことがありません。19世紀の北海で、漁師たちを海の冷たさから守ったその最高の素材に、L.L.Beanが誇るプレミアム・フランネルの裏地を配し、群を抜く心地よさをお届けしたい。タウン・アンド・フィールド・ワックス・コットン・ジャケットはそんな想いから生まれたロング・セラー。適切なお手入れさえ怠らなければ、繰り返しご愛用いただくことによって生じる傷やダメージさえもが風合いに変わり、あなただけの一着になっていくはずです。

シグネチャー・ワックス・キャンバス・
メイン・ハンティング・シューズ

img2

ワックス・コットンは、洗剤の使用もドライクリーニングも不可など、手間がかかる印象がありますが、コツさえ覚えればお手入れは意外と簡単。汚れをブラシで払い、水を含ませたスポンジ等で軽く表面を拭き取ったうえで自然乾燥するだけで、製品の寿命は大幅に伸びます。L.L.Beanは、その長寿命性に着目し、トートからブーツまで、ワックス・コットンを使ったアイテムを豊富にラインアップしています。どのアイテムも、エイジングを楽しみながら、何年も、何十年もご愛用いただけます。

▶ シグネチャー・ワックス・キャンバス・
  メイン・ハンティング・シューズを見る

▶ ワックス・キャンバス・トートを見る

トレイル・モデル・ダウン・アウター
トレイル・モデル・ダウン・アウター
トレイル・モデル・ダウン・アウター トレイル・モデル・ダウン・アウター トレイル・モデル・ダウン・アウター

シェルはドビー織り素材から、
軽く、薄く、しなやかな上に
撥水、透湿、防風力も備え
たPERTEXへバージョンアップ。

650フィル・パワーを誇る高品質ダウンは、撥水力を持つ先進のダウンテック・ダウンを採用。

コードポートも備えた内ポケットは、スマートホンの収納にジャストサイズ。

ベスト、ジャケット、パーカまで、メンズ・レディースのフルラインで登場。

商品一覧へ

1971年に発表されたトレイル・モデル・ベスト

img1

L.L.Beanは1940年代からダウン製品を手がけていましたが、世界の注目を集めるきっかけになったのが1971年に発表したトレイル・モデル・ベストです。フロントはジッパーを省略しスナップボタンのみ。ポケットのフラップもライナーも省略することで、当時の常識を超える軽さを実現したこのベストは、重たいアウターウエアに悩んでいた当時のアウトドア・ファンから絶賛されました。その機能性は、アウトドア・ファンに留まらず、既成のスタイルに飽きたらなさを感じていたバックパッカーや大学生たちも虜に。トレイル・モデル・ベストは、知る人ぞ知るブランドだったL.L.Beanが、「ファッション」として、ストリートやカレッジで愛されるきっかけをつくり、その後のヘビー・デューティー・ブームを牽引する役割も果たしたのです。

ビーンズ・グース・ダウン・アウター

img2

トレイル・モデル・ベストは、その後、ジャケットやパーカをラインアップに加え、ビーンズ・グース・ダウン・アウターとして50年近く愛され続けてきました。そして今年、L.L.Beanは、このロング・セラーをさらに改良し、新たな商品名とともにお届けします。その名は、トレイル・モデル・ダウン・アウター。L.L.Beanは、もう一度原点に立ち返ります。

ページトップへ