L.L.Beanについて

リーダーシップ

スティーブン・スミス
、 L.L.Bean, Inc.社長兼CEO

スティーブン・スミス
L.L.Bean, Inc.社長 兼 最高経営責任者(CEO)

2015年11月3日、スティーブン・スミスは、L.L.Beanの第4代社長兼CEOに指名されました。1992年に米国ニューヨーク州ニューヨーク市に本社を構える広告代理店ジェイ・ウォルター・トンプソン社(J Walter Thompson)に入社して職業人としてのキャリアをスタートさせたスティーブですが、1997年には活躍の場をメイン州へ移し、同州に拠点を構えるリゾート・スポーツ・ネットワーク(Resort Sports Network)に入社しました。同社において、スティーブは営業・マーケティング部門のバイス・プレジデントにまで昇進しますが、小売業界への転進を決め、2002年にメイン州ポートランドにあるハナフォード・スーパーマーケッツ社(Hannaford Supermarkets)に入社します。同社でマーケティング・ディレクターの職務に就き、小売業界でのキャリアがスタートしました。翌2003年には、フロリダ州タンパに拠点を置く食料品店チェーン、スイートベイ・スーパーマーケッツ社(Sweetbay Supermarkets)にマーケティング部門バイス・プレジデントとして入社。このスイートベイ時代に、スティーブはマーチャンダイジング・ビジネスの経験を積みました。

2008年、ベルギーを拠点に食品小売店を展開するデレーズ・ル・リオン社(Delhaize Le Lion)の戦略・マーケティング・コミュニケーション部門のシニア・バイス・プレジデントに就任します。同社において、スティーブは、コマーシャル・プランニングや事業開発そしてマーケティングに重点的に取り組むとともに、ロイヤルティ・プログラムおよびカスタマー・リレーションシップ・マネージメント(顧客情報管理)の責任者を務めました。

2011年には、ウォルマート・インターナショナル社(Walmart International)に、サムズ・クラブ部門シニア・バイス・プレジデント兼ゼネラル・マネージャーおよび中国・深センに拠点を置くウォルマート・チャイナの最高マーケティング責任者(CMO)として入社しました。このウォルマート時代にスティーブは、総括経営責任者としての経験・実績を積み重ね、既存の中核的事業とeコマース事業の統合やSKU管理に取り組むとともに、年間売り上げの向上を実現させました。入社1年後には、英国を拠点に食品、ファッションそして雑貨を対象にオムニ-チャンネル・ビジネスを展開し300億ドルを超す売上高を記録している、ウォルマート傘下企業のアズダ社(ASDA)の最高顧客責任者に就任。さらに、2015年には、ウォルマートが株式の100%を取得した中国・上海のeコマース・サイト「1号店」(Yihaodian)の最高マーチャンダイジング&マーケティング責任者に就任しました。

スティーブは、米国ペンシルバニア州の地方都市カーライルに位置するディキンソン・カレッジを卒業(専攻: 美術史)しています。L.L.Beanの社長兼CEO就任を機にメイン州へ戻れることを、スティーブは、妻のリンや子供たちとともに、非常に嬉しく思っています(夫妻の娘であるメガンとサラは、2人ともメイン州ポートランド生まれ)。スティーブによれば、お気に入りのL.L.Bean製品は、各種フリース・ジャケットや裏地付きフランネル・シャツ、シグネチャー・ラインのいくつかのアイテム、長年愛用しているワックスド・キャンバス・リュックサック、パスファインダーLEDキャップ、そしてビーン・ブーツとのこと。スティーブは、1年を通して夜間バーベキューを楽しみますが、その際にはL.L.BeanのパスファインダーLEDキャップを着用しているそうです。

スティーブは、米国ニューヨーク州のウエストチェスター郡そしてマサチューセッツ州アマーストで育ち、サマーシーズンはスミス家が何世代にもわたりアディロンダック山地のカナダ・レイク湖畔に所有している別荘で過ごしました。スティーブは、熱心なランナーであり、またサイクリストでもあります。実際、ランニング・レースやトライアスロン競技への参加経験が豊富で、マラソン大会には3回、ハーフ・アイアンマンレースには2回出場しており、5-10キロ・レースにはこれまでに数え切れないほど参加しています。ハイキングやスキー、そして各種ウォーター・スポーツにも関心が深く、その愛好歴は長きにわたります。

ショーン・ゴーマン、L.L.Bean, Inc.取締役会会長

ショーン・ゴーマン
L.L.Bean, Inc.取締役会会長

2013年、ショーン・ゴーマンは、L.L.ビーンの孫にあたる伯父レオン・ゴーマンが40年近く取締役会会長を務めた後を引継ぎ、L.L.Beanの取締役会会長に就任しました。ショーンのL.L.Beanのキャリアは、1991年に広告宣伝アナリストとしてスタートしました。その後、インターナショナル・マーケティング・オペレーションズ・マネージャー、広告宣伝・パートナーシップマーケティング・ディレクター、カードサービス・コーポレートセールス担当バイスプレジデント、ブランドコミュニケーション担当シニアバイスプレジデントなど、キャリアを積み重ねてきました。

L.L.Beanの新しく創設されたEコマース部門に加わった後、ショーンは、オンラインおよびEメールマーケティングを導入しました。それ以来、ビーンのEコマースは、従来のカタログマーケティングを上回り、同社の主要なマーケティングチャネルに成長しました。彼がL.L.Beanのインターナショナルビジネスに早くから携わったことは、日本におけるブランド立ち上げに貢献しました。カードサービス担当バイスプレジデントの就任中、ショーンはL.L.Beanクレジットカードプログラムを構築し、業界でもっとも成功したリテール提携カードの1つとなりました。ブランドコミュニケーション担当シニアバイスプレジデントに就任していた際、ショーンは複数の販売チャネルのL.L.Beanブランドコミュニケーションを統合し、一貫性と顧客重視の向上を実現しました。

ショーンは、米国マサチューセッツ州ハーヴァーヒルで生まれ、ニューハンプシャー州エクセターで育ちました。彼はマサチューセッツ州ノースアンドーバーのブルックススクールで中等教育を修了し、英語の学位を取得して、ニューハンプシャー大学を卒業。ショーンは、ウォートン・スクール・オブ・ビジネスのエグゼクティブプログラム、さらにケロッグ経営大学院を修了しました。

彼はユナイテッドウェイ・オブ・グレーターポートランド(United Way of Greater Portland)の取締役会に加わり、様々なコミュニティ活動で活躍しました。ショーンは、亡き伯父トム・ゴーマンによって創設された慈善活動組織、ジョン T.ゴーマン基金の理事会議長を務めています。同基金は、メインを本拠にしたコミュニティプログラムおよびプロジェクトに、毎年何百万ドルもの資金を寄付しています。彼は、自身が2つのコースを修了した ハリケーン・アイランド・アウトワード・バウンド・スクールの元理事で、複数のアウトドアおよび環境保全志向の非営利組織のメンバーであり、活動に貢献しています。

ショーンは若い頃から、アウトドアへの情熱を教えられてきました。 曾祖父L.L.と同じように、ショーンは、アウトドアで過ごした時間が人生の質と量を高めるものだと信じています。今日、彼はアウトドアの体験と情熱を家族と共有し、定期的に釣り、ハイキング、狩猟、スキー、パドリング、キャンプを楽しんでいます。

クリストファー J. マコーミック、 L.L.Bean, Inc.社長兼CEO

クリストファー J. マコーミック
L.L.Bean, Inc.社長兼CEO(2001-2015年)

クリス・マコーミックは米国コネチカット州ブリッジポートで、特に、商業包装会社を経営する起業家の父の6人の息子の一人として育ちました。1977年、コネチカット州フェアフィールドのフェアフィールド大学を卒業した後、彼はマーケティングのキャリアを歩み始めました。

家族経営であり、アウトドアへの情熱を基礎とするL.L.Beanに惹かれ、マコーミック氏は、1983年、同社のアシスタント広告マネージャーに就任しました。1991年に広告・ダイレクトマーケティング担当バイスプレジデントに就任し、2000年に最高マーケティング責任者、2001年5月付けで、レオン・ゴーマンの取締役会会長への異動に伴い、創業家以外から初めて、L.L.Bean, Inc.の社長兼CEOに就任しました。
就任から14年の間、世界的に経済状況がままならない困難な時期でさえもビジネスを堅実に成長させ続け、2015年に退任を発表しました。

2000年、彼はハーバード・ビジネス・スクールの上級マネジメントプログラムを修了しました。
マコーミック氏は、業界団体で活躍し続けています。
現在、彼が所属する市民団体は、メイン州コミュニティカレッジシステムの評議員会およびフェアフィールド大学の諮問委員会の会員が含まれます。彼は以前、ザ・ネイチャー・コンサーバンシーのコーポレート・コンサベーション・カウンシルの共同議長、ザ・ネイチャー・コンサーバンシーの役員会メンバー、ユナイテッドウェイ・オブ・グレーターポートランドのキャンペーン顧問団のメンバーを務めました。

マコーミック氏は熱心なアウトドア愛好家であり、あらゆる機会を捉えて、フィールドでL.L.Bean用品を試用しています。彼のお気に入りのアウトドア活動は、ハイキング、バイク、射撃です。

レオン・ゴーマン名誉会長

レオン A. ゴーマン
L.L.Bean, Inc.社長兼CEO(1967-2001年)
L.L.Bean, Inc.取締役会会長(2001-2013年)
L.L.Bean, Inc. 名誉会長(2013-2015年)

レオン A. ゴーマンは、米国ニューハンプシャー州ナシュアに生まれ、メイン州ヤーマスで育ちました。1956年にボードウィン・カレッジを卒業し、4年間を海軍で過ごした後、1961年に祖父であるレオン・レオンウッド・ビーンが1912年に設立したL.L.Bean, Inc.に入社します。1967年には、創始者である祖父の逝去を受け、社長に任命されました。

社長就任後、時を置かずしてレオン・ゴーマンは「ステークホールダー・コンセプト」を導入しました。この背景には、重要なステークホールダー(顧客、社員、株主、取引先、地元のコミュニティ、そして、自然環境)が求めるニーズに応えてこそ、企業として成功を収めることができる、とのレオンの信念があったからです。社長在任期間の30年間に、レオンは、売上475万ドルの通信販売会社であったL.L.Beanを、10億ドル超のマルチチャネル企業へ育て上げました。レオンの指揮の下、L.L.Beanは、ワールドクラスのサービスに裏打ちされ、長く愛用できるハイ・クオリティのアウトドア用品やアパレルを提供する、アウトドア業界のリーダーとしての地位を確立したのです。2001年、レオンは取締役会長職に就き、これに伴い、会社の指揮権は社長兼CEO(最高経営責任者)に任命されたクリストファー・マコーミックへ引き渡されました。

アウトドア・ファンであったレオン・ゴーマンは、野外旅行へ出かけた折にはよく自社の製品を試用していたと言われています。レオンは、キリマンジャロ登山、コロラド州第10マウンテン・ディビジョン・トレイルでのスキー、ニュージーランド縦断サイクリングなどへ出かけていますが、何といっても極めつけはL.L.Bean.がスポンサーを務めた1990年インターナショナル平和祈願エベレスト登山の際のキャンプ・スリー体験でした。このような大掛かりな野外旅行だけでなく、レオンは自宅周辺のアウトドア活動も嗜みました。メイン州ミッドコーストにあるジョージズ・ハイランド・パスやカムデンヒルズでのハイキング、アカディア国立公園のキャリッジロードでのサイクリング、そして、メイン州北部でのライチョウ狩りやフライフィッシングは、レオンが愛好した野外活動の一部にあげられます。

レオン・ゴーマンは、1992年にダイレクト・マーケティング協会殿堂入りを果たしました。また、将来の郵政事業の方向性という課題に取り組むために米国郵政公社総裁が立ち上げた、学識経験者から成る会議(1997年ブルー・リボン・コミッション)のメンバーに選ばれ、USPSパートナーシップ・フォー・プログレス・アワード賞を受賞しています。

レオン・ゴーマンは、その指導力と経済的・財政的援助を通じて、地元コミュニティのための自然環境保全活動において大きな役割を果たしました。レオンが関わった主な団体・組織として、メイン・オーデュボン、ハリケーン・アイランド・アウトワード・バウンド・スクール、環境保護団体ザ・ネイチャー・コンサーバンシーのメイン州支部、アパラチアン・マウンテン・クラブ、メイン州の将来に目を向けたランド・フォー・メインズ・フューチャー・ボード(Land for Maine's Future Board)があげられます。レオンは、妻であるリサとともに、ザ・ネイチャー・コンサーバンシーのセント・ジョン・リバー・プロジェクト、アパラチアン・マウンテン・クラブのキャピタル・キャンペーン、そして、学生自然保護協会(SCA)の募金運動において、主導的役割を演じました。さらに、レオンは、全米レベルおよび州レベルの様々な市民団体――例えば、メイン州コミュニティ・カレッジ財団のリーダーシップ・カウンシル、ボードウィン・カレッジ、カスコベイYMCA、ユナイテッド・ウェイなど――への関与を通じて、コミュニティへの献身に努めました。

州の組織やその取り組みへ関与したレオン・ゴーマンは、メイン州経済を巡る公共政策に関する議論の場におけるリーダー的存在であり、メイン州経済協会の共同議長そしてインターナショナル・ボード・オブ・ガバナーズ・メイン・ユース・アプレンティスシップ・プログラム(International Board of Governors' Maine Youth Apprenticeship Program)のメンバーを務めました。1997年にはメイン州商工会議所およびビジネス・アライアンスよりナビゲーター・アワード・フォー・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー賞を、2001年にはビジネス・リーダーシップにおける積極果敢かつ献身的な姿勢が評価されてメイン州商工会議所よりビジネス・ホール・オブ・フェイム・アワード賞が授与されています。また、レオンは、全米レベルおよび州レベルの様々な市民団体や慈善団体――代表的なものとしてザ・ネイチャー・コンサーバンシー、アパラチアン・マウンテン・クラブ、メイン州天然資源評議会、米国ボーイ・スカウト、プレブル・ストリートそしてユナイテッド・ウェイなど――の活動にも積極的に関与し、そうした活動が高く評価されて当該団体から数多く表彰されました。例えば、全米黒人地位向上協会(NAACP)のメイン州ポートランド支部からは、プルデンシャル・アワード賞が授与されています。レオンは、自らの時間を割いて公教育改革の問題にも取り組み、メイン州アスピレーション・ファンデーションのキャンペーンやジョン・ボルダッシ元メイン州知事のビジネス諮問委員会の委員を歴任しました。トーマス・カレッジ、ベイツ・カレッジ、ホィートン・カレッジ、ボードウィン・カレッジそしてサザンメイン大学からはそれぞれ名誉学位が贈られ、バブソン・カレッジが著名な企業家/起業家を讃えるために創設したアントレプレナーの殿堂入り(バブソン・カレッジ・アカデミー・オブ・ディスティングイッシュト・アントレプレナーズ)を果たしています。L.L.Bean社内においても、リーダーおよびメンターとしての多大な貢献が高く評価され、レオンは2001年、社内において最高ランクの栄誉とされるビーンズ・ベスト・アワード賞の受賞者に選ばれました。

レオン・ゴーマンは2006年、リーダーとしてL.L.Beanを率いてきた40年に亘る体験を振り返った著作を執筆しました。タイトルは『L.L.Bean:アメリカンアイコンの創造』で、舞台裏から見たL.L.Beanの歴史と企業文化が語られています。

2010年、レオン・ゴーマンは、ビジネス・リーダー、自然保護活動家そして慈善家としての輝かしい活動・経歴に対してボードウィン・カレッジよりボードウィン・プライズ・アワード賞――卓越な貢献をした個人を対象とした、同カレッジが制定する最高級の賞――が授与されています。

レオン・ゴーマンは、2001年から2013年までL.L.Bean取締役会会長を務めました。

レオン・レオンウッド・ビーン、創設者

レオン・レオンウッド・ビーン
創設者(1872-1967年)

ウォール・ストリート・ジャーナルの20世紀の起業家10人に選ばれたL.L.ビーンは、通信カタログ販売業界の革新者でした。レオン・レオンウッド・ビーン(L.L.)は、1872年10月13日米国メイン州グリーンウッドで、両親であるサラ・スウェットとベンジャミン・ウォレン・ビーンのもとで、6人兄弟の4番目に生まれました。L.L.はアウトドアを愛し、のどかなメイン州で両親から強い労働倫理と家族の忠誠心を学びました。1884年、レオンが12才の誕生日を迎えてまもなく、両親は4日違いで他界。両親を亡くした子どもたちは、幼い3人が家族の友人に引きとられました。

13才のとき、L.L.は初めて狩猟の旅に出ました。森で過ごした時間の喜びは、生涯忘れられないものとなります。ケントのヒル・コマーシャルカレッジに通った後、彼は米国メイン州ヤーマスに移り、兄オトの靴屋で店員として働きました。これが彼のリテールキャリアのスタートになります。1895年、オトはメイン州フリーポートに2番目の店舗を開き、「ビーン・ブラザーズ(Bean Bros.)」と名づけ、L.L.が店舗経営を担いました。1898年、L.L.はフリーポートのバーサ(Bertha)・ポーターと結婚し、家庭を築き、3人の子ども、レスター・カールトン(1900-1967年)、チャールズ・ウォレン(1901-1971年)、バーバラ(1907-1985年)に恵まれました。

今までどおり熱心なアウトドア愛好家であったL.L.は、機会があるごとに狩猟や釣りを楽しみました。メイン州の冷たい、湿った森で、ハンターの足を温かく、乾いた状態に保つ適切なフットウェアは当時、ありませんでした。1911年、L.Lは、地元の職人に、丈夫なレザーのアッパーと防水のラバー底を縫い合わせたシューズの製作を依頼しました。こうして、Maine Hunting Shoe® が誕生しました。 L.L.は、通信販売と店舗で新しいブーツを販売する、ダイレクトマーケティングのパイオニアとなりました。

Maine Hunting Shoeが大成功を収めたL.L. ビーンは、アウトドアで着用する、丈夫で着心地のよい服を開発し始めました。これまでと同じように、時間を見つけて、狩猟と釣りの旅に出る彼は顧客に、自分で使用しない商品を販売しないと断言しました。顧客に約束することで、彼の店舗は、アウトドアを楽しむギアの信頼できる販売店という評判が高まりました。彼は商品を開発し、テストするだけではなく、あらゆる方法で100%満足を保証するアウトドア愛好家でした。これが、業界でもっとも尊敬される人の一人として認められることにつながったのです。

1930年代までに、L.L.ビーン は、狩猟や釣り、キャンプ、スキー、スノーシュー、ハイキングなど、幅広いアウトドア分野の衣服や用具を提供しました。オリジナルのちらしは年2回発行されるカタログになり、100万ドルのビジネスを築きました。

第二次世界大戦中、L.L. ビーンは、米国国防総省による、戦場の軍隊を支援する丈夫な商品の開発・製造をサポートするために、ワシントンに召集されました。ビジネスの成長により、質の高い商品を手ごろな価格で販売するという彼の評判が広まっていたのです。

L.L. ビーンは 1967年2月5日に94才で亡くなるまで、会社経営を行いました。彼はアウトドアで過ごした時間のおかげで、長寿と健康に恵まれたと語っていました。

ページトップへ