L.L.Beanについて

バックグラウンド

L.L.Beanの歴史
L.L.Beanの旗を掲げているレオン・ゴーマンと仲間の登山家たち

L.L.Bean元社長レオン・ゴーマン(写真中央)。L.L.Beanがスポンサーを務めた1990年のエベレスト・ピース・クライムに向けたトレーニング中の写真。

L.L.Beanのストーリーは進化し続けています。創業当時からアウトドアはいつもその中心にありました。
L.L.Beanの100年以上の歴史をぜひご覧ください。

創業者のレオン・レオンウッド・ビーン(Leon Leonwood Bean)

1911

レオン・レオンウッド・ビーンはメイン・ハンティング・シュー(Maine Hunting Shoe)を発明。

レオン・レオンウッド・ビーンはハンティングから戻ったある日、ブーツに水が浸み込み、冷たく濡れてしまった足を見て、革命的なアイデアを思いつく。ゴムのボトムに革のアッパー縫い付けるという大胆な発想。

創業者のレオン・レオンウッド・ビーン(Leon Leonwood Bean)

1912

レオン・レオンウッド・ビーンは、州外のスポーツ愛好家たちに4ページのパンフレットを郵送してブーツの販促を行い100足の注文を受ける。

残念なことに、成功とはほど遠い結果となる。ボトムとアッパーが離れ、最初の100足のうち90足が返品された。レオン・レオンウッド・ビーンは返金し、問題点を改善し、より多くのパンフレットを郵送した。

エルエルビーン・ブーツL.L.Bean Bootsを履いている北極遠征隊員たち

1921

アダム・ドナルド・マクミラン氏がエルエルビーン・ブーツを履いて北極探検を行った。

「隊員たちは、北極探検において、ビーン・ブーツがとても実用的だと、大変気に入っていました。秋と春の作業などは格別です。」

エルエルビーン・フィールド・コート

1924

レオン・レオンウッド・ビーンは代表作となるフィールド・コートを発売。

発売当時はメイン・ダック・ハンティング・コートMaine Duck Hunting Coatと呼ばれていた。これは瞬く間にハンターたちの人気商品となった。

1927年のL.L.Bean秋カタログ

1927

L.L.Beanのカタログが国内で最も高い評価を受ける。

創業から15年、販売商品もアパレルやスポーツギアが加わり、フルサイズのカタログに進化した。広告業界「Postage」で、米国#1のカタログと評価された。

L.L.Beanのナイフ、アーカイブから

1933

エレノア・ルーズベルト大統領夫人がフリーポート・ストアをサプライズ訪問。

自ら接客したレオン・レオンウッド・ビーンはファースト・レディに「フィッシング・ナイフを大統領に」と贈り物を託すと、後日、大統領から直筆サイン入りの手紙が届いた。

オリジナル・ジッパー・ダッフル

1934

ジッパー・ダッフルが発売開始。

「フックレス・ファスナー」(別名:ジッパー)と呼ばれる画期的な部品を使ったダッフルは、L.L.Beanの主力製品となった。

エルエルビーン・ブーツL.L.Bean Bootsを履いている北極遠征隊員たち

1937

不況にもかかわらず、L.L.Beanの年間売上は100万ドルを記録。

有給休暇制度の定着やキャンプ・フィッシングなどのアウトドアブームにも後押しされて、確かな品質が顧客の支持を受け、売上を伸ばし続けた。

オリジナルのL.L.Bean ダック・デコイ

1941

ダック・デコイがカタログに登場。

L.L.Bean の発送担当だったジョージ・ソウルは、「自分の方が、断然美しいダック・デコイが作れる」と主張して制作を任された後、一年で何千個も売れる商品となった。

レオン・レオンウッド・ビーンと釣りの仲間と釣れた魚

1942

レオン・レオンウッド・ビーンは、著書「ハンティング・フィッシング・キャンピング」を出版。

猛獣狩りや、水鳥から魚など、彼自身の50年に渡るノウハウが詰まった本を出版すると、アドバイスを求める人たちで溢れかえった。

エルエルビーン・アイス・キャリア (L.L.Bean Ice Carrier)

1944

アイスキャリア(別名:ボート&トート)が発売開始。

もともと氷や木材を運ぶように作られたトートのシンプルで飽きのこないデザインは、トートバッグの形の原点となった。今でもメイン州自社工場で手作りされている。

オリジナル・ジッパー・ダッフル

1951

フリーポート・ストアは24時間営業。

レオン・レオンウッド・ビーンは、ハンターたちが狩りに出かける早朝にストアを訪れることが多いことに気が付き、ストアを365日24時間営業に変更、「鍵を捨てた。」と宣言した。

アーサ・イナーソンとハーゼル・ビーンと釣った魚

1951

レディース用売り場が登場。

息子の嫁ハーゼル・ビーンと妻のクレアが、旦那たちが釣りの買い物をしている最中に、婦人たちにも何かが必要だとレオン・レオンウッド・ビーンを説得し、レディース用売り場が誕生した。

L.L.Beanカタログを読んでいるレオン・ゴーマンLeon Gorman

1960

レオン・レオンウッド・ビーンの孫、レオン・ゴーマン、後のL.L.Bean元社長が入社。

レオン・ゴーマンは、週80ドルでアパレル・ バイヤーとして雇われた。彼は売り場にも立ち、積極的に接客を行い、会社や商品についてできる限りのことを学んだ。

L.L.Bean手作りの疑似餌とルアー1960

1960

手作りのフライとルアー、1960年代のL.L.Beanのフィッシング売り場から。

1960年代のスノーシュー
1960

1960

1960年代のL.L.Beanスノーシュー。

L.L.Beanノルウェージャン・セーター

1965

代表作「ノルウェージャン・セーター」が登場。

凍てつく寒さから体を守るノルウェーの漁師が使用していたヘビーウエイト・セーターに触発され、誕生。このセーターは瞬時に人気商品となった。

創業者のレオン・レオンウッド・ビーン

1967

レオン・レオンウッド・ビーンは94歳で逝去。

同社には5万通のお悔やみが届き、365日通年営業だったお店も葬儀の日はお休みとなった。

元社長、レオン・ゴーマン

1967

レオン・ゴーマンが社長に就任。

レオン・レオンウッド・ビーンの逝去後、孫のレオン・ゴーマンLeon GormanがL.L.Beanの社長に就任し、その後、会社の急成長、拡大、近代化を進めた。

ウトドア・ディスカバリー・スクールでのクロスカントリー・スキーヤーのグループ

1979

アウトドア・ディスカバリー・スクールを開校。

当初は、メイン州フリーポートで冬のアクティビティに特化したプログラムを提供し始め、徐々にアクティビティや開催場所を拡大。

フリーポート・ストアでマスの池を覗き込む子供たち

1984

ストアの改装。

25,000平方フィート拡張し、アウトドア・ギアを展示するスペースが増えた。改装時注目されたのは、メイン・ブルック・マスが放たれた池を店内に設置したこと。

カタディン・ロゴが入ったL.L.BeanのTシャツ

1987

カタディン・ロゴが誕生。

L.L.Beanはカタディン湖(Katahdin Lake)周辺の土地をメイン州のバクスター・ステート・パークに寄付した後、アウトドアの美しさを象徴するカタディン・ロゴを紹介。

エベレスト・ピース・クライム

1990

L.L.Beanはエベレスト・ピース・クライムを後援。

米国、中国、ロシアからの隊員が参加し、世界の大国たちが協力してすばらしい大冒険を成し遂げられることを実証した。

日本初のL.L.Beanストアがオープン。

1992

日本初のL.L.Beanストアが開店。

1990年代には、日本からの観光客が毎日のようにバスでフリーポートのL.L.Beanストアまで買い物に立ち寄るようになる。この新しい市場に対応するため、L.L.Beanは東京に3店舗をオープンした。

メイン州外への初出店

2000

メイン州以外への初出店。

バージニア州マクリーンに約75,000平方フィートの大型店舗をオープン。十分なスペースを生かし、豊富な商品をラインアップした。その後は、出店を拡大させていった。

エルエルビーン・アイス・キャリア (L.L.Bean Ice Carrier)

2001

創業家以外から初めて抜擢された社長兼CEO。

クリス・マコーミック前社長は、就任期間中にL.L.Beanのインターナショナルビジネス、ウェブサイト、クレジットカード・プログラムを成長させた実績が評価されている。

L.L. Bean Hunting&Fishingストア

2006

L.L.Beanは、環境に配慮した「LEEDスタンダード」に従ってすべての建物を建築することを発表。

レオン・ゴーマン公園の入り口

2007

レオン・ゴーマン・パークを設置。

創業95周年記念の一環として、L.L.Beanはフリーポートの町にこの公園を寄贈した。

ブーツモービル

2012

L.L.Beanは創業100年を迎え、ブーツモービルを作る。

L.L.Beanは、アウトドアを楽しむという精神のもと、総額250万ドルの寄付を行った。また、ビーン・ブーツを元に作った長さ20フィートの米国版ブーツモービルを製造。以後、米国中を走行中。

ショーン・ゴーマンが釣りを楽しんでいる様子

2013

ショーン・ゴーマンが会長に就任。

ショーン・ゴーマンは、レオン・レオンウッド・ビーンのひ孫にあたり、伯父レオン・ゴーマンが40年近く取締役会会長を務めた後を引継ぎ、L.L.Beanの取締役会会長に就任。レオンは名誉会長に任命された。

レオン・ゴーマンと愛犬

2015

レオン・ゴーマンが80歳で逝去。

レオンは2015年9月3日に逝去。彼のメイン州に対する愛情と広範な慈善活動、そして卓越したリーダーシップは高い評価を得ていた。

L.L.Bean社長スティーブン・スミス

2015

スティーブン・スミスがクリス・マコーミック退陣後、L.L.Bean第4代目の社長兼CEOに任命される。

アウトドア・ディスカバリー・スクールの女性パドルボード

2016

L.L.Beanアウトドア・ディスカバリー・スクールへの参加が15万人を超える。

1979年に発足してから、カヤック、スタンドアップ・パドル・ボーディング(SUP)、キッズ・キャンプ、トレッキング、フィッシングなど、豊富なアクティビティを展開するまでに拡大した。

アウトサイダーのロゴ

2017

Be an Outsider 新しいブランド・キャンペーンを展開。

「アウトドアという非日常で得られる喜びを分かち合いたい」。
ハッシュタグ#BeanOutsiderで、ぜひ、あなたのアウトドア体験をシェアして、アウトドアの素晴らしさを伝えてください。

ページトップへ